初のグループ展 [ Intersection19 ] を終えて

みなさんこんにちは!マクルグラフです🖊

しつこいくらい告知しまくっていた初のグループ展「Intersection19」が昨日最終日を迎えました。

今回のブログは参加を決めた背景や、感想など書いていこうと思います。

初めて展示会に参加した背景

私はいつか自分だけの作品を並べた個展を開きたいと思っていたのですが、まず作品の展示の仕方やマナーというものが全く分かりませんでした。

それでも自分の作品を見てもらいたい、自分の表現したい世界観を共有したいという願いが強まり、個展を開くための準備段階として、まずはグループ展から始めることにしました。

展示会の概要

私が参加したグループ展は「ジャンルレスグループ展」といって全国各地からジャンルの壁を越えた100作品以上のアートが終結するイベントです。

鉄板をキャンバスにグラインダーで模様を描く方だったり、立体物を展示している方だったり、デジタルイラストをキャンバスやアクリル板に印刷する作家さん、版画作品、写真作品、などなど本当にいろんな角度からの刺激が受けられるイベントでした。

参加した作家さんとの交流

沢山の作家さんが出展されているので全員とお会いしたかったのですが、スケジュールの都合でそうもいかず…

ですが搬入日、在廊日が私と一緒だった作家さん、最終日ぎゅぎゅっとコミュニケーションがとれた作家さんの紹介もしたいと思います。

しみずあおい さん

好きをカタチにするイラストレーター さんです。

太いアウトラインとPOPな配色が可愛いです!!また「本当はカマンベールチーズになりたかったチーズ - カマンベ」もめちゃ可愛いです。

また、搬入の際に少ししかお話できなかったにも関わらず、あおいさんのスタイルで名前を制作してくれました!

文字の中の柄は私の作品になっています!!感動です✨

今後のご活躍楽しみです!ありがとうございました!

しみずあおい【Illustrator】 | #イラストレーター #カマンベール #ゆるいイラスト | Instagram

46 likes, 0 comments - a_01_irasuto on December 6, 2023: "#イラストレーター #カマン&#x3…


松門敦子 さん

曼荼羅と書の融合のオリジナル作品などを制作しているアーティスト さんです。

コチラは今回のイベントで TAKE FREE で持ってきてくださった曼荼羅×書のカードです。

沢山の文字があって迷ったのですが、「昨日の自分を超え、今日の自分がさらなる高みへと進む」というモットーに沿って、私は「超」を選びました。

みなさん選ぶ文字に個性が出ていて楽しかったです。

目の前で書を拝見したのですが細かくとも大胆な筆遣いに圧巻でした。今後のご活躍楽しみにしています。

Instagram photo by 松門敦子 • Feb 5, 2024 at 5:14 PM

70 likes, 0 comments - atsuko_happy_happy on February 5, 2024


秋宮しお さん

白塗り和装のフォトグラファー さんです。

まさしくジャンルレス!時代劇や歌舞踊ショーのリアルで美しい写真によって、その場の雰囲気へと引き込まれるような写真でした。

更に、秋宮しおさんは役者としても活動しており、その経験が写真に深みを加えていると思います。

役者としての感性で撮影するので、生き生きとした表現になるんだろうと思います。

さらなる活動が楽しみです!


あんころもち さん

ガールズイラストを描くイラストレーターさんです。石川県からお越しいただきました!

イラストは繊細な線で書かれており、作品のテーマは"大人可愛い"をテーマに日常の中にある"可愛い"の瞬間だそうです。

作品ひとつひとつのポージングもまさしく"大人可愛い"感じです✨

とっても可愛いし配色も素晴らしいので是非見てみてください!

今後のご活躍楽しみにしています!


☆chika さん

風景やお花などを書く作家さんです。

まずどのような筆遣いをしたらこんな表現が出来るのか理解できないくらい繊細で美しいタッチの絵画を展示されていました。

上野の森美術館 自然を描く展 で入選したこともあるようで、さらなる活躍が楽しみです!


ふりかえり さん

SmartでCuteなサイエンティストたちを描くPOPアーティスト/SCIENCEアーティスト さんです。

もともと科学の専攻で、夜中まで実験まみれだったそう...想像が、つかない…!

そこでの実験にまみれていた生活を”ふりかえり”サイエンティストと愉快な仲間たちを描いています。

サイエンティストさんの描くアートめちゃ興味ありますので今後の作品も楽しみにしております!あと私も化学すきです!


machi さん

ミニ原画でゆるかわなイラストを描くアーティスト さんです。

キャンバスを埋め尽くすデザインが好きな私は、何かシンパシーを感じ、LUCKYと書いたポストカードを渡したところ、魔法のようにこんな大作が出来上がりました!有料級です!

恐らくどんな絵にもこのキャラがいれば一瞬でmachiさんの世界観になってしまうほどキャッチーで個性的な存在感を放っています。

私の個人的な好きジャンルの細かくて緻密、ゆるいキャラクターを描かれるのでこれからも活動楽しみです!


TAKEL さん

ギターもマイクも要らない。グラインダーでROCKをARTする。グラインダーアーティスト さんです。渋い…渋すぎる...

ハンドグラインダーを使用して金属板をキャンバスに数千~数万本にも及ぶ細い線を刻み、表現をするそうです。

そしてなんと私、TAKELさんの作品を家にお迎えしました。

この輝き、美しくないですか?

2度と同じ作品は生まれないという、カリグラフィーにも似た儚さ、金属板だからこそ重厚感ある力強いビジュアル…最高です。

しかも何故かこれを飾ると部屋の雰囲気が引き締まる感じがしました。作業部屋において向上心を高めてくれるような存在になってくれています。

今後の活躍も楽しみです。


今回展示会に参加して、たくさんの作家さんたちと交流することができ、それが本当に刺激的でした。

皆さんそれぞれが持つ独自のスタイルや技術を共有する中で、新しい発見やアイデアが次々と湧いくることもありました。

お互いの作品について話し合うことで、まったく異なるアプローチ方法があることに気づかされる瞬間もあり、そうした体験が創作活動に新しいインスピレーションを与えてくれるので、このグループ展の価値は非常に大きいと感じました。

制作した作品

私はこのグループ展の為に新作を制作しました。

何故かというと、展示スペースの制限があって、サイズは750mm×550mmに収めなくてはならなかったのですが、この制約の中で自分の作っている3つのシリーズの作品を美しく並べたいと思ったからです。

この3作品をうまく配置するための完璧なキャンバスを見つけるのは大変でした。いろいろなお店やサイトを巡って、やっとのことで理想的なキャンバスを見つけることができました。結局Amazon!

作品を並べる計画を立てる過程も楽しかったです。どう配置すると一番印象が良くなるか、何度も試行錯誤を繰り返しました。

それぞれの作品が持つ色や形が互いに引き立て合うように、細部にまで注意を払いました。

担当者に送ったレイアウト図


なにせ初めてだったので何から何まで細かく予想立てて取り組んだので、時間かかりましたが、結果うまく搬入もできて綺麗にレイアウトすることができてほっとしました。

実際はこんな感じでした。

一番右の作品はお迎え先が決定いたしました!

沢山の方とリアルで知り合う事ができ、作品も実際にお客様にお迎えしていただくことができたことが、私にとっては何よりも嬉しい経験でした。

自分の作品が新しい持ち主を見つける瞬間は、アーティストにとってこの上ない喜びです。

皆さんの反応を直接見ることができ、作品に込めた想いやメッセージがどのように受け止められているのかを知ることができ、これからの作品作りにも大いに役立つフィードバックを得ることができました。

まとめ

この展示会での経験や出会いは、私の今後の作品作りに確実に大きな影響を与えてくれます。

このグループ展で学んだことを活かして、これからもより感動的で心に響く作品を作り続けていきたいと思います。

そして、展示会に足を運んでくださった皆さん、作品をご覧になってくださったすべての方々に、心から感謝申し上げます。

皆さんの関心と反響があったからこそ、この展示会も成功し、私自身も大きく成長することができました。

新たな作品でまたお会いできることを楽しみにしています。どうぞ引き続き、ご期待ください!

ありがとうございました!

投稿者プロフィール

マクルグラフカリグラファー , デザイナー
カリグラファー、グラフィックデザイナーとして活動
YouTubeにて「日本1やさしいカリグラフィー講座」を運営
カリグラフィーの筆耕サービス、シグネチャーサイン制作等文字に関わるクリエイティブを得意とする。
Graffiti と Calligraphy を融合させたアート活動も精力的に行う。